MENU

薄毛の治療方法と効果と期間

年を重ねたり、遺伝やストレスなどによって男性は薄毛になってしまいます。中でも薄毛の原因として多いのが男性ホルモンによって起こる男性型脱毛症です。

 

男性ホルモンが毛根に入り込んで発毛する仕組みを攻撃することによって、ヘアサイクルが乱れてしまい髪の毛が太く長く育つはずの成長期が短縮されてしまい、生えても細くて短い状態のまま抜け落ちてしまいます。進行してしまうと髪の毛を発毛させる毛球部が萎縮してしまいなくなってしまいます。

 

このような薄毛には、早期治療をすることによって改善していくことができます。治療には男性型脱毛症など髪の毛を専門にしているクリニックに行くことによって、男性ホルモンを抑制する薬や血行を良くして発毛を促す効果のある薬などを処方して貰ったり、育毛剤や成長因子を注射によって注入するなどの治療方法があります。
しかし、どんなに良い治療をしたとしても、結果を出すためには今の生活を改善していくことも重要です。

 

原因となる男性ホルモンを過剰に分泌させないためには、ストレスを溜めずに規則正しい生活をしていくことやバランスの取れた食生活をしていく、適度な運動をすることなどが効果的となります。

 

規則正しい生活をすることで自律神経が整い、必要以上の男性ホルモンを分泌させないようにしていき、低刺激なシャンプーを使って正しく頭皮を洗うことで頭皮環境を整えます。また、発毛を促す頭皮の血行を良くするには頭皮マッサージが効果的です。

 

食事も脂質や糖質などの過剰に皮脂の分泌させる栄養素は避けて、髪の毛の原材料となる良質なタンパク質や亜鉛、発毛促進効果のある海藻類、食物繊維やビタミンの多く含む緑黄色野菜や果物を意識して摂っていくことが良いとされています。

 

はげ治療の効果について

「はげ」と一言で言いますが色々な種類があります。

 

一般的に男性の「はげ」はAGA(男性型脱毛症)と言われるものが多く若はげとか、額のサイドや頭頂部、生え際が後退する種類もAGAに当てはまります。

 

他には「脂漏性脱毛症」と呼ばれる過剰な皮脂が分泌されて起こるタイプのものや、び漫性脱毛症や粃糠性脱毛症などの原因である過剰なヘアケアや刺激の強いカラーリング・パーマなどが原因のもの、そして女性に特に多い牽引性脱毛症と呼ばれる髪の毛を強くひっぱりすぎて起こる脱毛症など。

 

これらは原因を突き止めて治療をしていくことで毛量を増やすことが可能です。

 

また、ストレスや免疫疾患で起こる円形脱毛症や抜け毛症といった精神的な事で起こる脱毛症もカウンセリングなどで治療をすることができます。

 

このように自己判断で育毛剤を使用したりしても治るものと治らないものがありますので、出来ればクリニックなどでしっかりと原因を突き止めた方が良い場合ばかりですので、はげで悩んでいる方も一度受診することをお勧めします。

 

最近のクリニックは皮膚科で頭皮の状態を診る事以外にも心のカウンセリングや生活環境を改善するなどトータルで治療を行い、どのようなタイプにも対応しているクリニックが多く、症例データをもとに症状や年齢・脱毛のパターンなどにより様々な治療方法を明確に指示してくれますので、クリニックの中には発毛実績が9割を超えるようなクリニックも存在しています。
イクオスの効果

更新履歴